和尚と神様からの贈り物★

禅と神様のカードが、毎朝あなたにメッセージを届けます。


目を覚ましなさい。

f:id:ezuka:20201002043318j:plain

目を覚ましなさい。

昨日は、中秋の名月十五夜でしたね。
私の住んでいる所からは、綺麗な満月が見えました。
十五夜の由来は、平安時代、中国から遣唐使によってもたらされた「望月」という月を見る催しが平安貴族に浸透し、観月の宴が催されるようになったそうです。

それがいつしか、農村を中心に庶民の間で行われていた作物の収穫祭と結びついたので、たくさんのお供え物をする風習となりました。
古くから繰り返される風習と同じように、私たちにも過去生から繰り返されるパターンがあると言われています。
無意識なふるまいの理由は、普段は思い通りに把握することはできません。

大アルカナ パストリーブス(過去生)

今日のOSHO禅タロットカードは大アルカナが出ました。
メッセージ性が高いカードです。
人が上手くいかないと感じる時は、無意識に繰り返している癖や考え方があります。
それを、「業(カルマ)」と言います。

このカードには、存在の両手が子宮の形を作っています。
その中には、たくさんの過去のイメージや顔が現れています。
開口部の両脇を支えているのは、2匹の虹色トカゲで、”知っている”と”知らない”を表しす無意識の守護者です。
これらは過去生や、自分のカルマを知る準備ができているか確かめるためにいます。

今、目を覚まして、カルマに目を向ける時がきていることを示しています。

緩める

今日の惟神カードは、「全てをゆだねて、緩まる」ことを伝えています。
もし、今やっていることなどが、スムーズにいかないときは、一旦何もせず、思考を止める時間を作り”緩まる”ことを意識してみてください。

大きく深呼吸をして、地球のエネルギーを取り入れてください。
リラックスして、全てを解放することで可能性は無限に広がります。
力を抜いて、心と体を緩めましょう。

今日の2枚のカードから、私が受け取ったガイダンスは、
「目を覚まして、自分の過去生から繰り返す無意識の行動に気が付く時がきました。心と体を緩めて、そのヴィジョンを受け取る準備をしましょう」
無意識に気が付いても、それを過去のせいにしてはいけません。
気が付くことで、人は変われるのですから。