和尚と神様からの贈り物★

禅と神様のカードが、毎朝あなたにメッセージを届けます。


未知なるものへの挑戦

f:id:ezuka:20201004062512j:plain

未知なるものへの挑戦

”好きでなければ続かない”という言葉をよく聞きます。
それが、個人的に知りたいことの探求であればなおさらのこと。
結果が出る保証もない。
道に迷って自分を見失うこともある。
その不確かさだけが、人を成長させるというのが禅の考えです。

私は今、スピリチュアルという未知なるものへ足を踏み入れたわけですが、そこから魂が響き合うように、繋がる仲間の存在を強く感じています。
以前、ある講座で知り合った友人で、フランス在住日本人の"Aki”さんという女性とLINEやZoomでお話しをしているのですが、彼女は「自動書記」を使ったリーディングをします。

「自動書記」とは、天使やハイヤーセルフからのメッセージを、霊感体質のある人の体を媒体として文字として書き記すことを言います。
日本でも、古来から「お筆先」という神様からのお告げを受けて、吉凶を占う神事がありましたから、単なるブームではありません。

フランスと日本では、時差が大きいので、Akiさんは、LINEやメールで相談して返事を返していることが多いとか。
私も占ってもらいましたが、相談内容に応じて、媒体となる存在を選んで答えを頂いているようです。

私自身、カードリーディングを行っていますが、自分自身についてはまだ、不確かな部分が多いので「助言」を頂けることはとてもありがたいことです。
人は疲れていると、見えない力を直感で受け取るのが難しくなります。

Akiさんは、文章で結果を伝えてくれるので、返信が来るのが楽しみでした、
見えない存在が、支えてくれているということが実感できる、具体的な内容で嬉しかったです。

興味を持たれた方は、こちらにメールしてみて下さい。

akkotclferel.466@gmail.com 

今日も、ひらめきのある一日をお過ごしください。