神様と和尚からの贈り物☆

今のあなたに必要なメッセージを届けます。


親しさとは、共に依存しない関わり。

f:id:ezuka:20201024042021j:plain

親しさとは、共に依存しない関わり。

「人との距離の取り方が、これでいいのか不安になる」
私も、そんな時期がありました。
大人になると、友人と知人の境界が自分の中で曖昧になり、友人と呼べる関係を作るのが難しくなるせいかもしれません。

”自分では、友人と思っていても相手は、そう思っていないのではないか。”
”誘う頻度は、どれくらいなら相手に負担にならないんだろうか。”

そんなことを考えながらお付き合いしていると、不安になって当たり前ですよね。
相手を気遣うようで、心のどこかで依存しているから、関係が消えることが怖いんです。
親しさとは、お互いに依存しない友情を表します。
一緒にいるのも楽しいけど、独りでしたいことがあるから、今は会いたくない。
それが、お互いに言える関わりには、依存がありません。

OSHIO禅タロット「水の2.フレンドリーネス(親しさ)」

このカードの2本の木は、違う花を咲かせて、重なった枝や、地面に落ちた花びらが綺麗な色のコントラストを作っています。
それぞれ、土の下に伸びた根も、独自に栄養を吸収し分かち合うことはあっても、奪い合うことはありません。

水のスートは感情、受容がテーマです。
親しさのカードは、お互いに楽で自然な、本当の友人の姿を現しています。
そこには、緊張も不安も、相手を変えたいと言う欲望もありません。

今のあなたには、親しさを理解できる準備が整っています。
それは、本当に無条件で、期待や欲求を伴わない愛を受容できる自分になれるということです。

惟神カード「徳を積む」

あなたが、真っすぐに人のために行動しているなら、その徳は天に貯蓄され、いつか自分に還ってきます。
「徳を積む」ということは、誰かを助けたり善い行いをすることです。

例えば、人のために働き、人を励まし勇気を与えることも徳積みの一つです。
神様のご褒美は、忘れかけた頃に、別の角度からきます。

見返りを求めるのではなく、自分が正しいと思う小さな徳を積み重ねていれば、神様は私たちの人生を良い方向に導いてくれます。

今日の2枚のカードのテーマは、「友情」です。
「親しさとは、相手を気遣いながらも依存しない関わりです。困った時には励まし合い、助け合うことが自然とできる。たとえ、離れ離れになっても分かち合った時間に感謝しさよならが言える」
幾つになっても、そんな、友人を作っていきたいですね。